インプラント

photo01

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

インプラントは固定性である為にガタついたり、ずれたりすることがありません。入れ歯では難しかった「食べる・話す」事も、治療によりご自身の歯に近い感覚を取り戻す事ができます。

photo02

インプラントの仕組み

photo03

インプラントは、インプラント体という歯を固定するための人工歯根、人工の歯、そしてインプラント体と人工の歯を連結するためのアバットメント、という3つで出来ています。(ワンピースの場合はインプラント体とアバットメントが一体化しています。)
まず、チタン製のインプラント体を顎骨に埋め込み、アバットメントで、インプラント体と人工の歯を連結します。

photo04

インプラント体は土台となる部分ですが、単に骨に埋める、というだけではなく、生態親和性に優れたチタンを利用することで、 顎の骨と結合します。顎の骨と結合したインプラント体は、人工の歯をしっかりと固定します。インプラント体と顎の骨がしっかりと結合すると、ズレがなく、しっかりとした噛み合わせが実現でき、 入れ歯では難しかった「自分の歯のような感覚」を取り戻すことができます。

インプラントはこんな方におすすめです!!

  • 入れ歯の取り外しが面倒な方、入れ歯がよく噛めない方
  • 口の中で入れ歯が動いたり、会話中にはずれやすく不快な思いをしている方
  • 会話をしているときに入れ歯の金属等が見えて気になる方
  • 歯が抜けた部位の隣の歯に負担をかけたくたい、または隣の歯が弱っていて保護したい方
  • 以前と同じ天然歯のような歯を望まれる方

インプラントの利点

  • 自分の歯と同じように噛める
  • 違和感が少ない
  • 周囲の健康な歯を削らなくてよい
  • 顎の骨の吸収を防止する
  • 天然の歯との区別が難しいほど自然な仕上がり
  • お手入れが簡単

インプラントの欠点

  • 観血的な手術が必要
  • インプラントが骨と接合するために治療期間が少し長くなる
  • 全身の状態および骨の状態によっては適応できない場合がある
  • インプラントは保険が適用できないため、保険治療に比べて費用がかかる

インプラント治療症例

インプラント治療前 インプラント治療後
治療前 治療後
ページトップへ
Copyright(c) 2012 審美治療なら大阪府茨木市沢良のやすま歯科クリニック. All Rights Reserved.