インレー(詰め物)

インレー(詰め物)とはむし歯治療などでむし歯による浸食部分を削ったあとに埋める詰め物のことです。

オールセラミックインレー

オールセラミックインレー

セラミック(陶材)のみで作った白いインレー(詰め物)です。
虫歯の治療後の金属は、口を開けて笑ったときなどに目立ってしまいます。
この詰め物を、セラミック製の天然歯のような白い歯にすることで健康的で自然な美しさが蘇ります。保険診療で使用される銀の詰め物に比べ、見た目が良く、ほとんど変色しません。また、保険診療で使用される金属に比べ加工性が高いので、密着度が高く歯との隙間ができにくいので二次的な虫歯になりづらく、汚れ(プラーク)が付きにくいのも特徴です。
もちろん、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性もありません。

オールセラミックインレー施術例
オールセラミックインレー治療前 オールセラミックインレー治療後

ゴールドインレー

ゴールドインレー

金色のゴールドでむし歯の部分を治します。
金属のため審美性は低いですが、アレルギーが極めて起こりにくく、
柔軟性、耐久性があり、保険インレーよりむし歯になりにくいです。

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填とは、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンというプラスチックを詰める方法です。レジンは最も頻繁に使用されている材料です。また、レジンは虫歯治療だけではなく、欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足してすきっ歯を治したり、金属の部分をレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的な改善をしたりなど、様々な用途で使用されています。

コンポジットレジン充填施術例
コンポジットレジン充填施術前 コンポジットレジン充填施術後
  • クラウン(被せ物)についてはクラウンのページをご覧ください。
ページトップへ
Copyright(c) 2012 審美治療なら大阪府茨木市沢良のやすま歯科クリニック. All Rights Reserved.