クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)とは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

白いセラミック(陶器)でできた被せ物です。
オールセラミックは、従来の治療法のように金属を一切使わないため、光を透過するなど審美的にもとても美しく、硬すぎることもないので咬み合わせの歯を傷つけることもなく理想の歯並び、色、形の美しさを手に入れられます。歯と歯肉の境目が黒くなることもなく、ご自身の歯と見分けがつかないほど自然です。 前歯の歯並びから、むし歯治療後の奥歯の銀歯部分にも被せることができるので、お口の中から金属アレルギーの原因ともなりえる金属をなくすことも可能です。また、金属アレルギーの方も安心です。

オールセラミッククラウン施術例
オールセラミッククラウン施術前 オールセラミッククラウン施術後

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウン

外から見える部分はセラミックでできていて、中身は金属でできている被せ物です。内側が金属ですので強度もかなり強く、外側をセラミックで作っているので、変色もせず、見た目もとてもきれいな歯に見えます。メリットとしては、精度が高くて適合性がいい、などがあげられます。
当院では、インプラント上部に使用することが多いです。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

材質が金(ゴールド)でできた被せ物です。金属のため審美性は低いですが、柔軟性、耐久性があり、保険クラウンよりむし歯になりにくいです。

  • インレー(詰め物)についてはインレーのページをご覧ください。
ページトップへ
Copyright(c) 2012 審美治療なら大阪府茨木市沢良のやすま歯科クリニック. All Rights Reserved.